« [No.24-1]一人だけの入学式 | トップページ | [No.25-1]受信フォルダ8 »

[No.24-2]一人だけの入学式

No.24-2

(確か・・・この駅だったよな)
ネット上の地図から、あの駅を特定する。
「がっこう・・・学校・・・あった!」
駅の近くに、“音大”と書かれた大学が見つかった。
(多分、これだろうな)

『明日、22時に音大前で待つ』
美紀にメールを送った。

桜並木の見事なキャンパスが、僕らを出迎える、でも・・・。
「ちょっと、遅すぎたな」
そこに、花びらはほとんど残っていない。
花びらが並木道をピンク色に染めている。

「わたしね、この大学に入りたかったの」
それから、その夢が叶わなかった理由も話してくれた。

「だから、今日、本当にありがとう」
「うん・・・桜はちょっと残念だったけど」
「そんなことないよ、ほら」
桜の木の下に、小さな水たまりがある。
そこに、花びらがユラユラただよっている。

水たまりに映る桜は、まるで風にそよぐかのようだった。

(No.24完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。

ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手 by FC2

|

« [No.24-1]一人だけの入学式 | トップページ | [No.25-1]受信フォルダ8 »

(001)小説No.01~25」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.24-2]一人だけの入学式:

« [No.24-1]一人だけの入学式 | トップページ | [No.25-1]受信フォルダ8 »