« [No.23-2]カエルのご隠居 | トップページ | [No.24-2]一人だけの入学式 »

[No.24-1]一人だけの入学式

No.24-1

「今から、駅に向かうよ」
「分かった、僕もすぐに向かう」

「私ね、つらいことがあると、ここに来るの」
美紀の目は赤く、腫れている。
明らかに泣いた跡だ。
つらいことを聞くべきか、ここに来る理由を聞くべきか迷う。
(でも、“ここ”とは何処なんだろうか?)
駅は単なる待ち合わせ場所に過ぎない。

「この周辺に何か想い出でも?」
美紀に聞いてみた。
「小さい頃、住んでいたことがあるの」
でも、その言葉になぜかノスタルジーを感じない。

「この近くにね・・・音大があるの」

美紀はそう言って、寂しそうな表情を浮かべた。
でも、そもそも、夜の学校で何をしていたんだろう。
その涙に、さまざまな想いが駆け巡る。

(No.24-2へ続く)

|

« [No.23-2]カエルのご隠居 | トップページ | [No.24-2]一人だけの入学式 »

(001)小説No.01~25」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104673/44671346

この記事へのトラックバック一覧です: [No.24-1]一人だけの入学式:

« [No.23-2]カエルのご隠居 | トップページ | [No.24-2]一人だけの入学式 »