« [No.22-1]感性 | トップページ | [No.23-1]カエルのご隠居 »

[No.22-2]感性

No.22-2

「おー、見事なもんだね~」
男性社員達が、歓声をあげた。

「さぁ、今日は吐いてもらいますからね!」
(あんた、刑事じゃないんだから)
お酒の勢いもあり、いつになく葵の追求が厳しい。
「みなすゎ~ん、社内一美人の涼子くわぁら、お知らせでぇ~すぅ~」
(ちょっと!涼子、あんた酔いすぎよ)
そのまま、葵は酔いつぶれた。

地上の荒れ具合をよそに、桜は変わらず美しい。
綺麗、お見事・・・桜を称える声が絶えない。
そう・・・でも、見た目じゃない。

「いい香りがするな」

行き交う人ごみの中から、男性の声が聞こえた。
(これだわ!)
その感性に触れた。

(No.22完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。

ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手 by FC2

|

« [No.22-1]感性 | トップページ | [No.23-1]カエルのご隠居 »

(001)小説No.01~25」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.22-2]感性:

« [No.22-1]感性 | トップページ | [No.23-1]カエルのご隠居 »