« [No.20-2]恋愛を重ねて | トップページ | [No.21-2]四分儀座流星群 »

[No.21-1]四分儀座流星群

No.21-1

「し・ぶ・ん・ぎ・ざ・り・ゅ・う・せ・い・ぐ・ん?」

かたことの外人のようなしゃべり方になった。
「り・ゅ・う・せ・い・ぐ・ん、は普通に流星群でしょ!」
康子から、突込みが入った。

しし座流星群は聞いたことがあるし、つられて夜空を見上げたこともある。
(し・ぶ・ん・ぎ・・・ってナニ?)
初めて耳にする、流星群だ。
それとも、知らないのは私だけだろうか。

「やっぱり、流星群って夜空をいろどるスターよね!」
康子の目が、何かを求めている。
「星だけに、“スター”とでも言いたいわけ?」
あえて、その期待に応えてみた。
「そっ!座布団1枚ぃ~!」
(「座布団1枚~」って・・・あんた、ベタにもほどがあるわよ)

康子の話は別にして、少し気になる。
「そうだ、後でネットで調べてみよう」

(No.21-2へ続く)

|

« [No.20-2]恋愛を重ねて | トップページ | [No.21-2]四分儀座流星群 »

(001)小説No.01~25」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.21-1]四分儀座流星群:

« [No.20-2]恋愛を重ねて | トップページ | [No.21-2]四分儀座流星群 »