« [No.18-1]無難なお土産 | トップページ | [No.19-1]天使の輪 »

[No.18-2]無難なお土産

No.18-2

「これ、ちくわ・・・だよね?」
「そやで」

その夜、麻奈からメールが来た。
『いつもありがとう』
不思議なことにメールは、標準語の時と大阪弁の時がある。
(今回は標準語みたいだな)
『あのお土産は無難に選びましたが・・・』
(無難・・・って、思いっきり冒険やん!)
俺の方が大阪弁になる。
『次は好みのを探せたらと思います』
(次・・・って、最初が肝心やん!)
大阪弁が止まらない。

涙が出た。どんな想いでお土産を選んでくれたか分かる。
彼女の純粋さが胸に染みる。
「ただ、これ要冷蔵なんだよな」
真夏、しかもしばらく持ち歩いていたことが気になる。
それに、お土産らしく包装するでもない。
でも、そんなところが、彼女らしい。
一口食べてみた。
(大丈夫みたいだし、おいしいぞ!)

「でも、何で知ってたんだろう?」
ちくわが大好物だと言うことを。

(No.18完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。

ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手 by FC2

|

« [No.18-1]無難なお土産 | トップページ | [No.19-1]天使の輪 »

(001)小説No.01~25」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.18-2]無難なお土産:

« [No.18-1]無難なお土産 | トップページ | [No.19-1]天使の輪 »