« [No.17-2]出逢いの歯車 | トップページ | [No.18-2]無難なお土産 »

[No.18-1]無難なお土産

No.18-1

お土産選びは、その人のセンスが問われると思う。
冒険して喜ばれることもあれば、定番過ぎて飽きられていることもある。

「今日も楽しかったね」
「うん!」
麻奈いつもは元気だ。
「あのね、昨日、トークショーに行ってたんよ」
(そう言えば、何かそんなこと言ってたっけ)
「誰の?」
麻奈に聞き返した。

プラネタリウムが好きな麻奈らしい。
その映像や音楽を手がけるクリエーターのトークショーに行ったようだ。
「たまに、話題にしてた人だね?」
麻奈の瞳はキラキラ輝いている。

「それで、これ、お土産なんやけど」
(え?、お土産!)
お土産を選ぶ時は苦痛でも、もらう時は何倍も嬉しい。
(なんだろう・・・)
いつもの大き目のかばんの中から、お土産を取り出した。

「ほい!これ」
(・・・ん?なんだろう・・・)
袋から茶色と白のツートンカラーがチラッと見えた。

(No.18-2へ続く)

|

« [No.17-2]出逢いの歯車 | トップページ | [No.18-2]無難なお土産 »

(001)小説No.01~25」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.18-1]無難なお土産:

« [No.17-2]出逢いの歯車 | トップページ | [No.18-2]無難なお土産 »