« [No.17-1]出逢いの歯車 | トップページ | [No.18-1]無難なお土産 »

[No.17-2]出逢いの歯車

No.17-2

「歯車?」
「そっ!機械を動かしたりする、アレよ」
ジグソーパズルは一つでもピ-スが欠けると、確かに完成はしないけど、それが何であるか見えている。

歯車を使う機械ならどうだろう。
小さな偶然と言う歯車を噛み合わせながら、出逢いに向かって動き出す。
ただ、一つでも欠けると、それは動かない。
出逢いを、“偶然の積み重ね”と言った沙紀の意見に、私も賛成だ。
でも、一つでも欠けると、出逢いは訪れない。

「それって、シビアね」
沙紀が神妙な顔になる。
「そうね。だから、出逢ったことに感謝しなきゃ」
なんとなく、自分に言っているような気もする。
「歯が欠けたり、外れたり・・・油を差さないといけないことも・・・」
「沙紀にしては、気の利いたこと言うじゃない」

「もしもし・・・」
「・・・ううん、そんなんじゃないけど、あした買い物に付き合ってくれる?」
(沙紀に、アドバイスされたようなものね)
歯車が滑らかに、動き始めた。

(No.17完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。

ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手 by FC2

|

« [No.17-1]出逢いの歯車 | トップページ | [No.18-1]無難なお土産 »

(001)小説No.01~25」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.17-2]出逢いの歯車:

« [No.17-1]出逢いの歯車 | トップページ | [No.18-1]無難なお土産 »