« [No.12-2]卒業 | トップページ | [No.13-2]バナナ入れ »

[No.13-1]バナナ入れ

No.13-1

『これもはいりはる・・・これも、わぁ!はいりはるやん』
動画の向こうの彼女は、一つ一つバナナを“バナナ入れ”に入れている。

話の発端は忘れた。
「あれは便利やね!」
愛子から話してくれたのは覚えている。
最近、バナナ入れ?なるグッズを買ったらしい。
「バナナ入れって、バナナ入れ?」
まるで手ごたえがない質問をした。
「そやで」
(質問が通じているし・・・恐るべし・・・)
愛子はそう言って、一枚の写メを見せてくれた。
「もしかして、これが、それ?」
そこには、まさしくバナナの形と色をしたバナナ入れが写っていた。
「アハァハ・・・こ、これは便利そうだね」
ちょっと顔が引きつりそうになる。
「ヤッホ~イ!って、これ使う人少なそうやわ」
愛子は嬉しそうにピースサインを出してきた。
「これは便利に違いないと信じている」

(子供っぽいと言うか・・・でも、元気もらえる)
目の前で、はしゃぐ愛子を見ていると心が和む。

「うちのブログに動画あるから見てや」

(No.13-2へ続く)

|

« [No.12-2]卒業 | トップページ | [No.13-2]バナナ入れ »

(001)小説No.01~25」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.13-1]バナナ入れ:

« [No.12-2]卒業 | トップページ | [No.13-2]バナナ入れ »