« [No.12-1]卒業 | トップページ | [No.13-1]バナナ入れ »

[No.12-2]卒業

No.12-2

高校中退の事実、どうしてもこれが重くのしかかる。
それも、経済的な理由だったから余計に辛い。
「みんなは・・・卒業したんだろうな」
つい声に出てしまった。
でも、それをかき消すかのように、電車の音が響いている。
窓に映った自分の顔が、妙に寂しそうに見えた。

「ねぇ、私の卒業ソングってあるかな?」

窓に映った自分に話しかけてみた。
(その顔は・・・そうよね、やっぱり、無いよね)

「奈美も来ない?」
短い高校時代の唯一の友達から連絡が入った。卒業以来の同窓会の誘いだった。

「ねぇ、奈美の卒業ソングってなに?」
一年前に聞いたセリフと同じだ。
「たくさん、あるよ」
「えっ!たくさん?」
寛子は少しびっくりしたような表情を見せた。
「そ、たくさんあるの」

同窓会のあの日、かつてのクラスメート達が、私のために卒業ソングを歌ってくれた。
自分が想う、それぞれの卒業ソングだ。

私はそれらをつなぎあわせて、その日、卒業した。

(No.12完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。

ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手 by FC2

|

« [No.12-1]卒業 | トップページ | [No.13-1]バナナ入れ »

(001)小説No.01~25」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.12-2]卒業:

« [No.12-1]卒業 | トップページ | [No.13-1]バナナ入れ »