« [No.11-1]記憶と想い出と | トップページ | [No.12-1]卒業 »

[No.11-2]記憶と想い出と

No.11-2

彼から一方的に別れを告げられた。
その理由を知りたくて、何度も連絡をした。
でも、それ以来、連絡が途絶えている。
唯一、メールは送信されるものの、見ているかどうかは分からない。
(フィルターがかかっていたら・・・)
彼から返事が来ないことの答えは、幾通りも考えられる。

「最後にもう一度だけメールを送ろう」

1年振りに彼にメールを送った。ほぼ、同時にメールの受信音が鳴る。
(これが彼の答えなのね)
彼とのつながりは、これで完全に途絶えてしまった。

住み慣れた街を離れてから、4年が過ぎた。
相変わらず、日常に忙殺される日々が続いている。
(これで、いいのよ)
辛い想い出も、楽しい想い出も、いずれ記憶に変わっていく。
そして、想い出が記憶に変わった時、初めてそれと向き合うことができる。
あの日、私が出した答えだ。

(No.11完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。

ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手 by FC2

|

« [No.11-1]記憶と想い出と | トップページ | [No.12-1]卒業 »

(001)小説No.01~25」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.11-2]記憶と想い出と:

« [No.11-1]記憶と想い出と | トップページ | [No.12-1]卒業 »