« [No.10-1]二人の足跡 | トップページ | [No.11-1]記憶と想い出と »

[No.10-2]二人の足跡

No.10-2

素直になれない私に、彼は最後までやさしかった。
「振向いてごらん」
彼はそう言って、波打ち際を歩く私の足を止めさせた。
(何があるというの?)
「ねぇ・・・何があるのよ」
少し口調が強くなる。

「自分の足跡・・・って残ってるかい?」
寄せては返す波打ち際には、足跡一つも残っていない。
(これって、私の生き方を否定してるのかな)
「違うよ」
私の心を見透かしたように彼は応えた。
足跡は確かに残っていない。でも、今立っているこの場所には、深く足跡が残っている。
ただ、歩き出せば途端に消えてしまう。
「そんな生き方もある」
彼は力強く言い放った。彼は私の過去を少なからず知っている。
だから、そう言ってくれたのかもしれない。

それから、二人で黙って歩いた。
いつしか波はおだやかになり、二人の足跡がいつまでも続いた。
やがて、それは二つに別れ、一つはそのまま真っ直ぐに、もう一つは見守るようにそこで途絶えた。

(うん・・・歩こう!)
もう一度、立ち上がる。あの日から続く足跡の先に、私が居る。

(No.10完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。

ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手 by FC2

|

« [No.10-1]二人の足跡 | トップページ | [No.11-1]記憶と想い出と »

(001)小説No.01~25」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.10-2]二人の足跡:

« [No.10-1]二人の足跡 | トップページ | [No.11-1]記憶と想い出と »