« [No.09-1]リグレット | トップページ | [No.10-1]二人の足跡 »

[No.09-2]リグレット

No.09-2

「僕も同じです」
そう言って彼は色褪せた一枚の色紙を見せてくれた。
「あ!これは・・・」
色紙にはさっきの歌詞が書いてある。彼はこの色紙を、露天商から貰ったものだと話してくれた。
話によれば、色々な格言めいた自作の言葉を売っていたらしい。
「この一枚が妙に気になってね。それに・・・」
「それに?」
「これをきっかけに、夢だったミュージシャンを目指したんだよ」
彼は、照れくさそうに話した。
「私ね、ずっと自分にうそをついていたことがあるの」
彼の話に呼応するかのように自分の夢を語った。

「君にあげるよ」
別れ際、彼からあの歌をもらった。どれくらいしてからだろうか、彼をテレビの中で見かけるようになった。

「ココロのしおり」は、大人向けの絵本としては異例のベストセラーを記録した。あの歌詞が私の夢を後押し、人生を変えた。

(なんだろう・・・この感覚・・・)
何となく手にした話題の本に、こころが揺れた。

(私の言葉が、まだ生きているのね)
本をゆっくり閉じた。

(No.09完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。

ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手 by FC2

|

« [No.09-1]リグレット | トップページ | [No.10-1]二人の足跡 »

(001)小説No.01~25」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.09-2]リグレット:

« [No.09-1]リグレット | トップページ | [No.10-1]二人の足跡 »