« [No.08-1]銀河鉄道の夜 | トップページ | [No.09-1]リグレット »

[No.08-2]銀河鉄道の夜

No.08-2

(聞くんじゃなかった)
会社の女子社員達はそれは旅行だとか、宝飾品だとか、ここぞとばかりに無責任な発言を繰り返す。
(それって自分達の希望だろ?)
「あ、ありがとう。参考にするよ」
とにかく、この場は退散したほうが良さそうだ。

(あと、2日か)

行きつけのバーで一人グラスを傾けながらも、あせる気持ちがグラスに伝わる。
ここ数日、奈々子との出逢いから今日までを何度も振り返った。
“銀河鉄道の夜”につながるキーワードが隠されていると信じたからだ
様々な二人だけのイベントを想い出す。
(そう言えば、よくケンカもしたよな)
「あの時、奈々子に平手打ち喰らったよな、アハハ」
(おい、おい!今は懐かしんでるときじゃないだろ!)
自分で自分に突っ込みを入れた。

「ご飯、美味しかったね!」
「そうだね」
いつも通りの会話が続く。
「21歳の誕生日おめでとう、奈々子。プレゼントはもう渡したから」
「うん、もらったよ」
それっきり、僕と奈々子は無口になった。気まずいわけではない。
奈々子にプレゼントを渡すことができたからだ。
奈々子もそれに気付いてくれた。

(No.08完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。

ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手 by FC2

|

« [No.08-1]銀河鉄道の夜 | トップページ | [No.09-1]リグレット »

(001)小説No.01~25」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.08-2]銀河鉄道の夜:

« [No.08-1]銀河鉄道の夜 | トップページ | [No.09-1]リグレット »