« [No.06-1]4つのシリウス | トップページ | [No.07-1]せいじゅうろう »

[No.06-2]4つのシリウス

No.06-2

「あの星座は何だか分かるかい?」

雅宏は、唐突に夜空に一際輝く一つの星を指差した。
「もう!冗談言わないでよ。あんなの科学館に来る子供なら誰でも分かるわよ」
綾は、あまりにも簡単な質問に、半分怒ったような口調で答えた。
「おおいぬ座・・・シリウスだよ。私があなたに最初に教えたの、忘れた?」
「ちょっと・・・違うかな」
「違う・・・?」
「あの星座は“涙でぼやけた2つのシリウス”だよ」
雅宏はまじめに答えた。
「シリウスを教えてくれた時、綾は泣いていたよね?その時、僕は夜空じゃなくて綾の瞳に映るシリウスを見ていたんだ」
雅宏は思い出すように、ゆっくり話した。

「ちょっと・・・違うかな」
今度は綾が答えた。
「え!・・・違う・・・?」
さっきとは逆のパターンの会話が続く。

「あの星座は“未来に続く4つのシリウス”だよ」
綾もまじめに答えた。
「あの時、世界で二人だけが夜空を見上げていたような気がしてた。雅宏と私の4つの瞳だけが、シリウスを見ていたよ」

「あの時のシリウスは未来に続いたかい、綾?」
「うん。こうしてまたシリウスを見ている。これが答えだよ」

あの時と同じように、もう一度、4つの瞳にシリウスが輝いている。

(No.06完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。

ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手 by FC2

|

« [No.06-1]4つのシリウス | トップページ | [No.07-1]せいじゅうろう »

(001)小説No.01~25」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.06-2]4つのシリウス:

« [No.06-1]4つのシリウス | トップページ | [No.07-1]せいじゅうろう »