« [No.04-1]パンドラの箱 | トップページ | [No.05-1]堕天使 »

[No.04-2]パンドラの箱

No.04-2

「あっ・・・雨」
“天気予報”は当った。占い師ではなくても、私だって当てることはできる。
と、同時に携帯の着信音が鳴った。こんな時間に会社から電話だ。
「あ・・・はい、水島です」
「何やってんだ!吉田商事様からサンプルが届いていないと苦情が入っているぞ!」
夜の街に響かんばかりの佐々木部長の怒鳴り声だ。
(あっ!しまった)
「申し訳ございません。うっかり・・・」
「ばかやろう!言い訳する暇があったら、今すぐにサンプルを届けてこい!」

それからも、占いで告げられた“悪いこと”が2、3日続いた。
さすがに、占いの結果を信じずにはいられない。私はあの占い師が居た、商店街の片隅へ向かった。
そこに占い師の姿はなかった。
「そんなに都合よくいかないか」
期待していただけに、ショックも大きい。

「いぃ、い、居ないのか・・・?」
見知らぬ男性が息を切らせながら、つぶやいた。直感的に、占い師を探しているように見えた。
「占い師をお探しですか?」
私は声を掛けてみた。彼は多少、驚きの表情で小さくうなづいた。

(水に注意と出ています)
「え!」
「どうした・・・今日子?」
「うんん・・・聞き覚えのあるセリフが耳に入ったから、ちょっとね」
道の片隅で占い師が女性を相手にしている。

(No.04完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。

ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手 by FC2

|

« [No.04-1]パンドラの箱 | トップページ | [No.05-1]堕天使 »

(001)小説No.01~25」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.04-2]パンドラの箱:

« [No.04-1]パンドラの箱 | トップページ | [No.05-1]堕天使 »