« [No.03-1]過去へのゴミ箱 | トップページ | [No.04-1]パンドラの箱 »

[No.03-2]過去へのゴミ箱

No.03-2

(誰なの・・・!?)
会場内を目だけで追う。
試験会場に知り合いは居ないはずだ。
でも、その伝言は、頬の痛みとは裏腹に、私の心を刺激した。
(そうだ、私には夢があったんだ!)
『もし、タイムマシンがあったら、未来の自分にお疲れ様と言ってあげたい。きっと、イベントプランナーとして、成功していると想う。幼くして、母を亡くし、父の苦労も相当だった。
そんな父のためにも、一人前の社会人として頑張っている自分にエールを送りに行きたい・・・』
何とか、終了時間の11時までに、書き上げることができた。

皮肉なことに入社試験に落ちたことで、私の夢は叶った。
こうして、イベントプランナーとして活躍している。時々、あの時を思い出し、“夢は何?”と、同じ伝言を書いてしまう。

「陽子・・・陽子ったら!何、ボケッとしてるのよ!会議に遅れるよ」
「ごめん、亜紀。今、行くから」
私は、その紙の切れ端を丸めて、ごみ箱へ投げつけた。
「ん?入ったような、外れたような・・・まぁ、いっか」
(もうすぐ11時になっちゃう・・・急がないと)
私は足早に会議室へ向かった。

(No.03完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。

ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手 by FC2

|

« [No.03-1]過去へのゴミ箱 | トップページ | [No.04-1]パンドラの箱 »

(001)小説No.01~25」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.03-2]過去へのゴミ箱:

« [No.03-1]過去へのゴミ箱 | トップページ | [No.04-1]パンドラの箱 »