« [No.02-2]非常階段のシンデレラ | トップページ | [No.03-2]過去へのゴミ箱 »

[No.03-1]過去へのゴミ箱

No.03-1

“タイムマシンがあったら何をしますか?”

あの日、私は入社試験の渦中にいた。
試験と言っても、問題はこれ一つだけしかなかった。
(タイムマシンがあったら・・・か・・・)
彼に別れを告げられたあの時、母を病気で亡くしたあの日、「ごめんなさい」と言えなかったあの瞬間・・・。

(やだぁ・・・過去のことばかり)

タイムマシンは未来にも行けるのに、どうして過去へ戻ることばかり考えるんだろう。
(やり直したいの?後悔してるの?そんなんじゃないけど・・・)
何もかも中途半端な今の私には、未来どころか今、ここに居る意味すら分かっていない。

「イタっ!」
私の右の頬に何かが当たった。
それはそのまま、試験用紙の上に転がり落ちた。
(もう、なによぉ!)
紙の切れ端を丸めたような、塊だ。学生時代によくやる例の伝言?のようだけど・・・。
一応、紙を開いてみる。そこにはこう書かれてあった。

“夢は何?”

(No.03-2に続く)

|

« [No.02-2]非常階段のシンデレラ | トップページ | [No.03-2]過去へのゴミ箱 »

(001)小説No.01~25」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.03-1]過去へのゴミ箱:

« [No.02-2]非常階段のシンデレラ | トップページ | [No.03-2]過去へのゴミ箱 »