お知らせ

『冬のホタル』に、ご訪問頂きありがとうございます happy02sweat01

道端の石ころも、磨けば宝石に負けないくらいの輝きを生むこと
だって・・・そんなブログです。
ご訪問の足跡として、コメントや拍手を残して頂けましたら、大変
嬉しいです。ではごゆっくりと小説をお楽しみくださいませ。

当ブログは、ブラウザIEで文字サイズ「小」で最適化しております。

night小説の楽しみ方について
・文字の色は話の牽引役が黒、その相手は茶、その他の登場
 人物が居る場合は適当に色を付けています。
・「話の牽引役」とは主人公ではなく、物語を“引っ張る人”です。
 つまり、一人称小説における語り手になります。
・登場人物は shadow=男性 virgo=女性 を表しています。
recycleマークは現時点から時間や場所の変化があったり、回想シ
 ーンに入った時、そこから戻って来た時にも挿入しています。
 尚、No.200~No.359までは、appli02マークを使用しています。
shadowvirgoappli02マークは「No.200」より対応(これ以前は未対応)
night「ホタル通信」について
・2010年01月からスタートさせたコーナーで、掲載済み小説の
 舞台裏やエピソード、作者の想いなど紹介しています。
・小説の実話度に応じて、0%~100%の表示と「★マーク」を付
 けています(★ひとつの実話度は20%)
・該当する小説の牽引役が語り手となり作者を代弁しています。
night「せいじゅうろう」シリーズについて
・せいじゅうろうとは、菜緒(なお)が名付けたリラックマの名前。
・彼女と彼?が繰り広げる、なんとも愉快な日常。そして、いつも
 それに巻き込まれてしまう“俺”・・・。
night「ヴィジュアルホタル」について
・2014年09月からスタートさせたコーナーで、サウンドノベル 
 風に、掲載済の小説に映像や効果音などを付けています。 
 オリジナル作品をそのまま、あるいは多少アレンジを加える
 予定です。毎月1本くらいの発表が目標です。
 (現在、都合により休止中です)

・2018/08/16 newshine
 
本日より再開します。
2018/08/09 shine
 
都合により、8月11日(土)~15日(水)迄お休みさせて頂きます。
 再開は8月16日(木)を予定しています。

2018/08/09 shine
 
いつもFC2拍手を下さる方、本当にありがとうございますhappy01
 
web拍手 by FC2 ブログランキングへ ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ

| | コメント (28) | トラックバック (0)

[No.877-2]夢を描け

No.877-2

「でも、なかなかいいじゃん!」
「“夢を描け”なんて」

正直、それくらいの文字数が限界だった。

「よほど、スペースがなかったみたいね?」
「だから、女子が・・・」

ただ、結果的にはそれが良かった。
今でもこうして忘れずに済む。

「で、夢は描けたの?」
「・・・痛いとこ、突いてくるな」

今思えば、色気づいた小学生のたわ言だった。
夢どころか、現実さえ描けていない。

「ご覧のとおりだよ」
「ふ~ん」

何となく就職して、何となく日々を過ごしている。

「今からでも遅くないんじゃない?」
「“夢を描け”ってか!?」

ドラマや映画でよくあるパターンだ。
けど、青春するような年齢でも立場でもない。

「ねぇ、二人で描いてみない?」
「・・・あっ!告白じゃないからね」

仕方ない・・・芸術の秋じゃないけど描いてみるか・・・。
S877
(No.877完)
読み
終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
 ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.878-1]以心伝心?

No.878-1

登場人物
virgo女性=牽引役  virgo女性=相手
-----------------------------
「・・・どうしたの?やけに静かじゃない?」
「そう?」

返事はしたものの、心ここにあらずだ。
それは自覚している。

「さては、また失敗でもしたな?」
「“また”ってなにさ?」

同僚には、今の私がそう見えるようだ。

「違うの?」
「そうそう失敗ばかりしてられないわよ!」

今回ばかりは、ちょっと違う理由だ。

「じゃあ、なに?」
「さっきから、ずっと黙ったままじゃない?」

落ち込んでいるとか、元気がないわけじゃない。

「・・・これ見てくれる?」
「なにこれ?」

昨日、書類を整理していたら出てきた。

「見ての通り、報告書」
「・・・これ、あの時の?」

私たちは営業部門に配属された。
配属後は、しばらく取引先の店頭応援に借り出された。

「あの時は、大変だったよね・・・」

研修扱いとは言え、現場で接客もした。
誰もが必死だったことを覚えている。

(No.878-2へ続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.878-2]以心伝心?

No.878-2

「でも、良い経験になったのは間違いない」
「だね!」

あれからもう、5年の月日が流れた。

「で、話を戻すけどこの報告書は?」
「あぁ・・・そうね、読んでみて」

同僚が文字を目で追い始めた。

「・・・これ」
「暑苦しくない?」

当時、思いのたけを報告書に託した。

「そうね、自分でもそう思う」

一言で言えば、学生に毛が生えた程度の未熟な内容だ。
でも、会社に染まっていない分、思いだけは“熱い”。

「なるほどね」
「・・・そういうこと!」

以心伝心とは、まさしくこのことだ。
さすが同期だ。

「これ読んでたら、今の自分が恥ずかしくなっちゃって」

仕事に不満はない。
けど、これを見たとき、考えさせられるものがあった。

「色んな意味で臆病になってるのかもね」

失敗を恐れ、チャレンジしようとしない。

「じゃぁ、今度、一席設けるわ!」
「えっ!?そっち・・・・」
S878
(No.878完)
読み
終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
 ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«[No.878-1]以心伝心?