お知らせ

『冬のホタル』に、ご訪問頂きありがとうございます happy02sweat01

道端の石ころも、磨けば宝石に負けないくらいの輝きを生むこと
だって・・・そんなブログです。
ご訪問の足跡として、コメントや拍手を残して頂けましたら、大変
嬉しいです。ではごゆっくりと小説をお楽しみくださいませ。

当ブログは、ブラウザIEで文字サイズ「小」で最適化しております。

night小説の楽しみ方について
・文字の色は話の牽引役が黒、その相手は茶、その他の登場
 人物が居る場合は適当に色を付けています。
・「話の牽引役」とは主人公ではなく、物語を“引っ張る人”です。
 つまり、一人称小説における語り手になります。
・登場人物は shadow=男性 virgo=女性 を表しています。
recycleマークは現時点から時間や場所の変化があったり、回想シ
 ーンに入った時、そこから戻って来た時にも挿入しています。
 尚、No.200~No.359までは、appli02マークを使用しています。
shadowvirgoappli02マークは「No.200」より対応(これ以前は未対応)
night「ホタル通信」について
・2010年01月からスタートさせたコーナーで、掲載済み小説の
 舞台裏やエピソード、作者の想いなど紹介しています。
・小説の実話度に応じて、0%~100%の表示と「★マーク」を付
 けています(★ひとつの実話度は20%)
・該当する小説の牽引役が語り手となり作者を代弁しています。
night「せいじゅうろう」シリーズについて
・せいじゅうろうとは、菜緒(なお)が名付けたリラックマの名前。
・彼女と彼?が繰り広げる、なんとも愉快な日常。そして、いつも
 それに巻き込まれてしまう“俺”・・・。
night「ヴィジュアルホタル」について
・2014年09月からスタートさせたコーナーで、サウンドノベル 
 風に、掲載済の小説に映像や効果音などを付けています。 
 オリジナル作品をそのまま、あるいは多少アレンジを加える
 予定です。毎月1本くらいの発表が目標です。
 (現在、都合により休止中です)

・2017/04/18 newshine
 本日より再開します。

2017/04/12 shine
  大変お待たせしました。4月18日(火)より再開予定です。happy01

2017/03/27
 3/26自宅PCにトラブルが発生し、復旧作業・修理あるいは
 買い替えが必要な状態です。申し訳ございませんが、しば
 らく更新作業ができません。

 
web拍手 by FC2 ブログランキングへ ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ

| | コメント (28) | トラックバック (0)

[No.753-2]遅れた理由

No.753-2

「・・・で、本当のところはどうなの?」
「本当のところ?」

同僚が、ドヤ顔で聞いてきた。

「体調不良って、うそでしょ?」

それなりの演技はしたつもりだった。
オーバーアクションにならない程度に。

「・・・気付いてたの?」
「最初からね」

ばれるほど、まだそんなに会話はしていないはずだ。
さすが友人と言うべきかどうか・・・。

「実は・・・」

会社にくる途中、自転車同士の衝突事故があった。

「振り返ったら、女の子がふたり倒れてて」

幸い、大きなケガはなかった。
見た感じ、ふたりとも社会人1年生のようだった。

「でも、ひとり足から血が出てて・・・」

転倒した時に、足を切ったようだった。

「それなら、正直に言えばいいのに」

遅れる理由としては、逆に嘘っぽく聞こえると思った。
だから、ありきたりな理由にした。

「“血が出なかった”方は、もう来てるわよ」
753
(No.753完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
 ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホタル通信 No.316

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.292 決意の花火
実話度:★★★★★(100%)
語り手:男性

実話度は、一部を除いてほぼ100%ですが、小説のタイトルを見て
もどんな話だったのか思い出すことができませんでした。

あらためて読んで見ると・・・自分で言うのもなんですが、胸が熱く
なりました。実話度が示す通り、ドラマのような展開が、現実に起き
ようとしていました。
彼女は彼と住んではいるものの、住んでいる理由はそう単純なモノ
ではありませんでした。端的に書けば行き場所がない彼女にとって
の“転がり先”だったわけです。多少の恋愛感情がなかったわけで
はないものの、“住まわせてもらっている”という、負い目からきた
感情だったのかもしれません。

冬のホタルの読者なら分かるとは思いますが、その彼女は“せいじ
ゅうろうシリーズ”の菜緒に他なりません。
大袈裟ですが、彼女の脱出劇はこの小説に始まったことではなく、
過去にも何度かありました。ただ、ここまで具体的に話が進んだこ
とはなかったため、その期待は大きく膨らみました。その分、未遂で
終ったときの落胆もまた大きなものでした。

あらためて読み返してみると、ラストに書いてある「真夏の逃亡劇」
というのが小説のタイトルに相応しい気もします。でも花火のように
派手に咲いて儚くも散った“私の心”を表現したかったため、今のタ
イトルにしたように記憶しています。
S316

web拍手 by FC2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.754-1]同じパターン

No.754-1

登場人物
shadow男性=牽引役  virgo女性=相手
-----------------------------
「・・・ん?」

テレビで、あるシーンを見かけた

「これって・・・」

僕としては、彼女が見ていないことを祈るだけだった。
recycle
季節の変わり目は、新番組の季節でもある。
それだけにおのずと、テレビの話題になりやすい。

「昨日さぁ・・・」

まさかとは思うけど一応、警戒しておいた方がよい。

「なに?」
「・・・なにか変・・・緊張してる?」

ごく自然に応えたつもりだった。

「き、緊張するわけないだろ?」
「噛んでるじゃん・・・」

とにかく、自然にやりすごそう。

「急に“なにか変”って言われると焦るだろ?」
「・・・まぁ、それもそうね」

一旦、落ち着きそうだ。

「ところで、昨日、あの番組見た?」

もしかして、あの番組のことだろうか・・・。

「何の番組?」

単なる連続ドラマの新番組であって欲しい。

(No.754-2へ続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«ホタル通信 No.316