お知らせ

『冬のホタル』に、ご訪問頂きありがとうございます happy02sweat01

道端の石ころも、磨けば宝石に負けないくらいの輝きを生むこと
だって・・・そんなブログです。
ご訪問の足跡として、コメントや拍手を残して頂けましたら、大変
嬉しいです。ではごゆっくりと小説をお楽しみくださいませ。

当ブログは、ブラウザIEで文字サイズ「小」で最適化しております。

night小説の楽しみ方について
・文字の色は話の牽引役が黒、その相手は茶、その他の登場
 人物が居る場合は適当に色を付けています。
・「話の牽引役」とは主人公ではなく、物語を“引っ張る人”です。
 つまり、一人称小説における語り手になります。
・登場人物は shadow=男性 virgo=女性 を表しています。
recycleマークは現時点から時間や場所の変化があったり、回想シ
 ーンに入った時、そこから戻って来た時にも挿入しています。
 尚、No.200~No.359までは、appli02マークを使用しています。
shadowvirgoappli02マークは「No.200」より対応(これ以前は未対応)
night「ホタル通信」について
・2010年01月からスタートさせたコーナーで、掲載済み小説の
 舞台裏やエピソード、作者の想いなど紹介しています。
・小説の実話度に応じて、0%~100%の表示と「★マーク」を付
 けています(★ひとつの実話度は20%)
・該当する小説の牽引役が語り手となり作者を代弁しています。
night「せいじゅうろう」シリーズについて
・せいじゅうろうとは、菜緒(なお)が名付けたリラックマの名前。
・彼女と彼?が繰り広げる、なんとも愉快な日常。そして、いつも
 それに巻き込まれてしまう“俺”・・・。
night「ヴィジュアルホタル」について
・2014年09月からスタートさせたコーナーで、サウンドノベル 
 風に、掲載済の小説に映像や効果音などを付けています。 
 オリジナル作品をそのまま、あるいは多少アレンジを加える
 予定です。毎月1本くらいの発表が目標です。
 (現在、都合により休止中です)

2018/11/20 newshine
 本日より再開いたします。
2018/11/11 shine

 度々すみません。都合により、11月12日(月)~11月19日(月)迄
お休みさせて 頂きます。再開は11月20日(火)を予定しています。

2018/11/11 shine
 
いつもFC2拍手を下さる方、本当にありがとうございますhappy01
 
web拍手 by FC2 ブログランキングへ ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ

| | コメント (28) | トラックバック (0)

ホタル通信 No.383

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.413 初恋の基準
実話度:☆☆☆☆☆(00%)
語り手:女性

特筆すべき、きっかけがない小説です。一般論的な内容を小説
にした感があります。

とは言え、多少、経験談にもとづいているというか、小学生の頃
のエピソードは全くの創作でもありません。今回、小説抜きで初
恋がいつだったのか、あらためてに振り返ってみました。結論か
ら言えば、小学2年生の時でした。
具体的に“好き”だと言う感覚を持ったのは3年生の時でしたが、
単なるクラスメートとは違う気持ちを持ち、その人のことを今でも
覚えているのは2年生の時の女子でした。

今振り返っても、初恋の基準は曖昧です。でも、あえて白黒を付
ける必要もありませんよね。
今回の小説は、その基準をめぐっておもしろおかしく仕上げたも
のです。いつも通り、登場人物に会話を預けて書き進めていまし
たが、何とかそれらしいオチが付いて終わることができました。
ちなみに、小5の失恋話は創作ですが、それに似た状況下にあ
ったことは事実です。

初恋の話は、小説ネタとして比較的扱いやすいほうです。
一方で、そんなにドロドロした濃い内容にならず物足りない側面
もありますが。
T383

web拍手 by FC2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.887-1]水泳の時間

No.887-1

登場人物
virgo女性=牽引役  virgo女性=相手
-----------------------------
「水泳の時間は超・・・嫌だったな」
「・・・私も」

思わぬところで、意気投合した。
泳げない者同士のキズの舐め合いにも似ている。

「泳げないことよりも・・・」
「“なんでみんな泳げるの”でしょ?」
「そう!それそれ!」

根深い部分も同じみたいだった。

「親とかに教えてもらってたんだろうね」
「・・・多分ね」

当時、世にスイミングスクールがなかったわけじゃない。
だから断言は出来ないが。

「そう言えば、“見学組”は居なかった?」
「あぁー!いたいた!」

その子たちが、泳げないのかどうかは不明だ。

「あれは絶対、仮病よね!?」

時には見学どころか、学校を休む時さえあった。
よほど、水泳が嫌いなんだろう。

「私たちも見学すれば良かったね」

そうしなかったのは、褒めてもらいたいところだ。

(No.887-2へ続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.887-2]水泳の時間

No.887-2

「・・・それにしても、地獄だったわね」
「うん・・・言えてる」

泳げない者にとっては、これほど嫌な時間はない。
単に恥ずかしいだけじゃないからだ。

「何度か溺れかけたよ」
「私も」

もちろん、足が付くから大事には至らない。
けど、ジタバタしている時はそのことすら忘れている。

「大笑いされるし、苦しいし・・・」
「ほんと、トラウマになってる」

それもあってか、海やプールに泳ぎに行くことはない。
今でも泳げないのは変わらないからだ。

「泳げる子がうらやましかったな・・・」

だからと言って、親に助けを求めたりしなかった。
別に親が嫌いとか反抗とかしているわけじゃなかったのに。

「まぁ、子供心に何か感じてたのかもね」
「そうね・・・心配かけまいと」

結局、無様だった水泳の時間を気合でやり過ごした。

「お陰で、心の強さだけは“カナヅチ”級ね!」
S887
(No.887完)
読み
終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
 ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«[No.887-1]水泳の時間