お知らせ

『冬のホタル』に、ご訪問頂きありがとうございます happy02sweat01

道端の石ころも、磨けば宝石に負けないくらいの輝きを生むこと
だって・・・そんなブログです。
ご訪問の足跡として、コメントや拍手を残して頂けましたら、大変
嬉しいです。ではごゆっくりと小説をお楽しみくださいませ。

当ブログは、ブラウザIEで文字サイズ「小」で最適化しております。

night小説の楽しみ方について
・文字の色は話の牽引役が黒、その相手は茶、その他の登場
 人物が居る場合は適当に色を付けています。
・「話の牽引役」とは主人公ではなく、物語を“引っ張る人”です。
 つまり、一人称小説における語り手になります。
・登場人物は shadow=男性 virgo=女性 を表しています。
recycleマークは現時点から時間や場所の変化があったり、回想シ
 ーンに入った時、そこから戻って来た時にも挿入しています。
 尚、No.200~No.359までは、appli02マークを使用しています。
shadowvirgoappli02マークは「No.200」より対応(これ以前は未対応)
night「ホタル通信」について
・2010年01月からスタートさせたコーナーで、掲載済み小説の
 舞台裏やエピソード、作者の想いなど紹介しています。
・小説の実話度に応じて、0%~100%の表示と「★マーク」を付
 けています(★ひとつの実話度は20%)
・該当する小説の牽引役が語り手となり作者を代弁しています。
night「せいじゅうろう」シリーズについて
・せいじゅうろうとは、菜緒(なお)が名付けたリラックマの名前。
・彼女と彼?が繰り広げる、なんとも愉快な日常。そして、いつも
 それに巻き込まれてしまう“俺”・・・。
night「ヴィジュアルホタル」について
・2014年09月からスタートさせたコーナーで、サウンドノベル 
 風に、掲載済の小説に映像や効果音などを付けています。 
 オリジナル作品をそのまま、あるいは多少アレンジを加える
 予定です。毎月1本くらいの発表が目標です。
 (現在、都合により休止中です)

2017/03/07  newshine
 本日より再開します。お休み中に、FC2拍手を多数いただき
 ました。本当にありがとうございます。
happy01

2017/02/02  shine
  諸事情により、2月6日(月)~3月6日(月)までお休みさせて
 頂きます。再開は3月7日(火)になります。
 しばらくはバックナンバーをお楽しみください
happy02

 
web拍手 by FC2 ブログランキングへ ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ

| | コメント (28) | トラックバック (0)

[No.751-1]普段はスマホ

No.751-1

登場人物
virgo女性=牽引役  virgo女性=相手
-----------------------------
向かいの窓に、私の後ろの風景が映っている。
普段なら気にならないのに、今日はやけに気になる。
recycle
「まさしく“揺れ動く乙女心”って感じだね」

やっぱり、話すべきじゃなかった。
相談する相手を間違えた。

「そんな軽いノリじゃないんですけど・・・」

昨日突然、彼から別れ話を切り出された。
けど、予兆がなかったわけでもない。

「どこにでもある話じゃん」
「そ、そうだけど・・・」

確かに、どこにでもある話だ。
私だけが特別じゃない。

「わたしもさぁ、つい最近、彼と別れたよ!」

なのに、この元気っぷりには驚かされる。

「羨ましいよ、その性格・・・」
「そうかな?」

昨日の帰り道、いつもの電車に乗った。
スマホを握りしめたまま、呆然と向かいの窓を見ていた。

(No.751-2へ続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.751-2]普段はスマホ

No.751-2

「普段は、スマホを見てるから」

あれが美味しかったとか、また行きたいね・・・とか話が弾む。

「だから、景色なんて見ない」

うっかり、電車の中だということを忘れてしまうこともある。
その結果・・・。

「どうせニヤけてるんでしょ?」
「・・・そうみたい」

別の友人に指摘されて、始めて気付いた。
でも、恋人同士ってそんなものだと思っている。

「だけど、昨日は景色が気になって・・・」

時より、大きく揺れる景色は、私の心、そのものだった。

「自分で言ってるじゃん!」
「・・・あはは、そうみたい」

さっき、“揺れ動く乙女心”と言われたことを思い出した。

「まぁ、そんな時はスマホなんか見ないほうがいいよ」

友人、曰く、来ない連絡に下を向く日々が続くという。

「ありがとう・・・だから、直接会ってくれたんだね」
S751a_2
(No.751完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
 ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホタル通信 No.315

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.241 糸
実話度:★☆☆☆☆(20%)
語り手:女性

この手の小説を作る時は、何らかの悩みや困りごとを抱えてい
ることが少なくありません。

それが何であったのかは正直覚えていません。でも、思い当た
ることはあります。もともと、“冬のホタル”自体が、ある悩みごと
から生まれたようなものです。特に初期の作品は、同じルーツを
辿るといっても言い過ぎではありません。
この小説では、女性ふたりが登場していますが、実際は違うか
もしれません。その時々により、作者が男性になったり、女性に
なったりしています。

内容は小説にも出てくる通り、少し哲学っぽい作りです。ホタル
通信を書いている時に思い出したのですが、昔々、小学生の頃
に、こんな感じの詩を書いていました。
もちろん、こんな大人っぽいものではなく、少し背伸びしたような
感じのものです。その頃から、出来栄えは抜きにしても、文章を
書くことが好きだったみたいですね、自分で言うのも何ですけど。

今は、あまり書かないタイプの小説です。
書けば書くほど、現実味がなくなることに加えて、自分に酔ってし
まうことが少なくないからです。
とは言え、自分に溜まったガスを、時々抜いてあげる必要もあり
ますから、その意味では“らしくない”小説を作りことは今でもあ
ります。
T315

web拍手 by FC2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«[No.751-2]普段はスマホ