お知らせ

『冬のホタル』に、ご訪問頂きありがとうございます happy02sweat01

道端の石ころも、磨けば宝石に負けないくらいの輝きを生むこと
だって・・・そんなブログです。
ご訪問の足跡として、コメントや拍手を残して頂けましたら、大変
嬉しいです。ではごゆっくりと小説をお楽しみくださいませ。

当ブログは、ブラウザIEで文字サイズ「小」で最適化しております。

night小説の楽しみ方について
・文字の色は話の牽引役が黒、その相手は茶、その他の登場
 人物が居る場合は適当に色を付けています。
・「話の牽引役」とは主人公ではなく、物語を“引っ張る人”です。
 つまり、一人称小説における語り手になります。
・登場人物は shadow=男性 virgo=女性 を表しています。
recycleマークは現時点から時間や場所の変化があったり、回想シ
 ーンに入った時、そこから戻って来た時にも挿入しています。
 尚、No.200~No.359までは、appli02マークを使用しています。
shadowvirgoappli02マークは「No.200」より対応(これ以前は未対応)
night「ホタル通信」について
・2010年01月からスタートさせたコーナーで、掲載済み小説の
 舞台裏やエピソード、作者の想いなど紹介しています。
・小説の実話度に応じて、0%~100%の表示と「★マーク」を付
 けています(★ひとつの実話度は20%)
・該当する小説の牽引役が語り手となり作者を代弁しています。
night「せいじゅうろう」シリーズについて
・せいじゅうろうとは、菜緒(なお)が名付けたリラックマの名前。
・彼女と彼?が繰り広げる、なんとも愉快な日常。そして、いつも
 それに巻き込まれてしまう“俺”・・・。
night「ヴィジュアルホタル」について
・2014年09月からスタートさせたコーナーで、サウンドノベル 
 風に、掲載済の小説に映像や効果音などを付けています。 
 オリジナル作品をそのまま、あるいは多少アレンジを加える
 予定です。毎月1本くらいの発表が目標です。
 (現在、都合により休止中です)

・2018/08/16 newshine
 
本日より再開します。
2018/08/09 shine
 
都合により、8月11日(土)~15日(水)迄お休みさせて頂きます。
 再開は8月16日(木)を予定しています。

2018/08/09 shine
 
いつもFC2拍手を下さる方、本当にありがとうございますhappy01
 
web拍手 by FC2 ブログランキングへ ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ

| | コメント (28) | トラックバック (0)

[No.860-2]二代目のネコ

No.860-2

「今までは茶色だったでしょ?」

確かに、あいつは茶色だった。

「今日は真っ白だし」

これまた確かに、あいつは白だ。

「最近、茶色のネコを見掛けなくなったんだよね」

それと入れ替わるかのように、今度は白いネコが現れた。

「それ以来、茶色のネコは見てないんだ」
「そう・・・それは心配ね」

縄張り争いにでも敗れ、去ってしまったのだろうか?
それとも人知れず寿命を全うしたのだろうか・・・。

「新天地で、よろしくやってるのかもしれないよ?」
「・・・それもそうね」

我々が思うほど、彼らはやわじゃない。

「で、白いネコはどんな感じなの?」
「それがさぁ・・・」

茶色のネコを白にしただけのような感じだ。
つまり、色以外は生き写しと言ってもいい。

「一言で言えば二代目って感じ?」
「それって・・・」

同僚が何やら考え始めた。

「本当に二代目ってことない?」
S860
(No.860完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
 ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホタル通信 No.370

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.423 崩れた壁
実話度:★★★☆☆(60%)
語り手:女性

当初、この小説は作ったもののボツにしていました。理由は簡単
です。余りにも自己満足な小説だと感じたからです。

硬派を気取れば、「読者に妥協せず我が道を行く」となりますが、
それでも公開をためらってしまう小説も少なくありません。出来栄
えの問題ではなく、着眼点があまりにも自分目線過ぎるからです。
ただ、小説上の私には崩れかけた壁が物理的なものではなく、家
族の崩壊として見えていました。
先に書いておくと、小説上の私は作者ではありません。つまり、他
人の心境を想像して書いています。とは言え、創作ではなく、事実
がもとになっています。

その他人が誰なのか、あえて書く必要もありませんよね。冬のホタ
ルではお馴染みの“彼女”です。崩れかけた壁が、彼女の言動を励
起させ、小説に仕立てました。彼女の言動がなければ書いていなか
ったと思います。
こんな小説ですが、拍手を5つもいただいています。「5つくらいで偉
そうに言うなよ」と怒られそうですが、当ブログでは大満足の数なん
ですよ。少なくとも5人の方々に共感していただけたと思うと、公開し
て良かった小説のひとつです。

実は、つい最近も一度ボツにした作品を復活させました。そう遠くな
い時期に掲載されますので、お楽しみに。
T370

web拍手 by FC2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.861-1]褒められてる?

No.861-1

登場人物
virgo女性=牽引役  virgo女性=相手
-----------------------------
「最初は、底が抜けちゃったんだよね」
「・・・なんの話?」

いつも唐突に話が展開する。

「鉄砲よ、鉄砲」
「はぁ?」

今日はいつにも増して、話が“ぶっ飛んで”いる
鉄砲だけに・・・。

「上手いこというね?」
「・・・それより、なに?」
「昔々・・・」

友人が延々と、鉄砲の歴史について語り始めた。

「・・・要するに、砲身の底が抜けたってこと?」
「そうそう!」

最初に作った鉄砲は、爆発の衝撃で底が抜けたらしい。
例えるなら、ワインのビンとコルクの関係だ。

「その失敗から・・・」

底の部分をネジ式にすることを思い付いたらしい。

「ネジ式だと、衝撃があっても簡単に抜けないからね」

大変、すばらしい話だ。
でも・・・。

「何なの、この話!?」

真昼間のおしゃれなカフェでする話とは思えない。

「あれ?三国志、好きだったよね?」
「そうだけど・・・」

(No.861-2へ続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«ホタル通信 No.370