お知らせ

『冬のホタル』に、ご訪問頂きありがとうございます happy02sweat01

道端の石ころも、磨けば宝石に負けないくらいの輝きを生むこと
だって・・・そんなブログです。
ご訪問の足跡として、コメントや拍手を残して頂けましたら、大変
嬉しいです。ではごゆっくりと小説をお楽しみくださいませ。

当ブログは、ブラウザIEで文字サイズ「小」で最適化しております。

night小説の楽しみ方について
・文字の色は話の牽引役が黒、その相手は茶、その他の登場
 人物が居る場合は適当に色を付けています。
・「話の牽引役」とは主人公ではなく、物語を“引っ張る人”です。
 つまり、一人称小説における語り手になります。
・登場人物は shadow=男性 virgo=女性 を表しています。
recycleマークは現時点から時間や場所の変化があったり、回想シ
 ーンに入った時、そこから戻って来た時にも挿入しています。
 尚、No.200~No.359までは、appli02マークを使用しています。
shadowvirgoappli02マークは「No.200」より対応(これ以前は未対応)
night「ホタル通信」について
・2010年01月からスタートさせたコーナーで、掲載済み小説の
 舞台裏やエピソード、作者の想いなど紹介しています。
・小説の実話度に応じて、0%~100%の表示と「★マーク」を付
 けています(★ひとつの実話度は20%)
・該当する小説の牽引役が語り手となり作者を代弁しています。
night「せいじゅうろう」シリーズについて
・せいじゅうろうとは、菜緒(なお)が名付けたリラックマの名前。
・彼女と彼?が繰り広げる、なんとも愉快な日常。そして、いつも
 それに巻き込まれてしまう“俺”・・・。
night「ヴィジュアルホタル」について
・2014年09月からスタートさせたコーナーで、サウンドノベル 
 風に、掲載済の小説に映像や効果音などを付けています。 
 オリジナル作品をそのまま、あるいは多少アレンジを加える
 予定です。毎月1本くらいの発表が目標です。
 (現在、都合により休止中です)

2018/11/20 newshine
 本日より再開いたします。
2018/11/11 shine

 度々すみません。都合により、11月12日(月)~11月19日(月)迄
お休みさせて 頂きます。再開は11月20日(火)を予定しています。

2018/11/11 shine
 
いつもFC2拍手を下さる方、本当にありがとうございますhappy01
 
web拍手 by FC2 ブログランキングへ ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ

| | コメント (28) | トラックバック (0)

[No.881-1]そこにもここにも

No.881-1

登場人物
shadow男性=牽引役  virgo女性=相手
-----------------------------
斜め前の席に高校生らしき女の子が座っている。
さっきから、こちらをチラチラ見ている。

「何だろうね」

視線はその女の子に向けたまま、彼女に問い掛けた。

「どうしたの?」
「さっきから、チラチラ見られてるんだよね」

ただ、目が合ったりすることはない。
視線の角度が違うというか・・・やや下向きだ。

「ん?」

今度は女の子が変顔をし始めた。
その瞬間、あることに気付いた。

「あっ・・・なるほどね」

僕と女子の間に、赤ちゃんが座っている。

「結構、全力でするよな」

変顔に合わせて、喜ぶ赤ちゃんの声が聞こえる。
すると、さらに変顔のレベルが上がる。

「プッ!・・・それはやりすぎだよ!」

ますます喜ぶ声が大きくなる。

(No.881-2へ続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.881-2]そこにもここにも

No.881-2

「見てみなよ」

やはり視線はその女子に向けたまま、彼女に声を掛ける。
一瞬たりとも変顔を見逃したくないからだ。

「だから、そこまでしなくても・・・」

赤ちゃんどころか、僕まで笑いそうになる。
やはり、高校生と言えども・・・。

「母性でも刺激されたのかな~」
「どう思う?」

ここは同じ女性に聞くのが一番だ。

「何が?」
「何がって・・ほら、赤ちゃんを目の前にするとさぁ・・・」

そうこう話しているときも、変顔の勢いは止まらない。
周りからもクスクスと笑い声が出始めた。

「やっぱり、母性が・・・」

そう言いながら彼女に目を向けた。

「・・・なにやってんだよ!?」
「何って、見ての通り、変顔よ?」

僕には目もくれず、一心にどこかに変顔を送っている。
その先には、別の赤ちゃんがいた。
S881
(No.881完)
読み
終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
 ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.882-1]同じ生き物だから

No.882-1

登場人物
virgo女性=牽引役  virgo女性=相手
-----------------------------
「よく耐えたねぇ~」

本格的に枯れ始めたゴーヤを前に、労をねぎらった。
recycle
「さすがにもう成長しないよ」

成長どころか、半分以上はすでに枯れている。

「だろうね、この寒さじゃ」
「でも、今年は暑かったから」

10月中旬ごろまで収穫できた。

「ところで台風は大丈夫だった?」
「大丈夫じゃなかったわよ!」

完全に台風をなめていた。
今まで強風にあおられたことは何度もある。
けど、今回のはケタが違った。

「対策はしたんだけどね」

残念ながら、それがほとんど意味をなさなかった。

「だからもう一度ひもで縛って」
「室内から抑えてた」

棒やネットをひもで縛り、それを室内に引き込む。
あとはそれを人力で抑える。

「・・・なんか修羅場ね」
「まさしく、そうだった・・・」

約2時間ほど、強風と戦った。

(No.882-2へ続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«[No.881-2]そこにもここにも