お知らせ

『冬のホタル』に、ご訪問頂きありがとうございます happy02sweat01

道端の石ころも、磨けば宝石に負けないくらいの輝きを生むこと
だって・・・そんなブログです。
ご訪問の足跡として、コメントや拍手を残して頂けましたら、大変
嬉しいです。ではごゆっくりと小説をお楽しみくださいませ。

当ブログは、ブラウザIEで文字サイズ「小」で最適化しております。

night小説の楽しみ方について
・文字の色は話の牽引役が黒、その相手は茶、その他の登場
 人物が居る場合は適当に色を付けています。
・「話の牽引役」とは主人公ではなく、物語を“引っ張る人”です。
 つまり、一人称小説における語り手になります。
・登場人物は shadow=男性 virgo=女性 を表しています。
recycleマークは現時点から時間や場所の変化があったり、回想シ
 ーンに入った時、そこから戻って来た時にも挿入しています。
 尚、No.200~No.359までは、appli02マークを使用しています。
shadowvirgoappli02マークは「No.200」より対応(これ以前は未対応)
night「ホタル通信」について
・2010年01月からスタートさせたコーナーで、掲載済み小説の
 舞台裏やエピソード、作者の想いなど紹介しています。
・小説の実話度に応じて、0%~100%の表示と「★マーク」を付
 けています(★ひとつの実話度は20%)
・該当する小説の牽引役が語り手となり作者を代弁しています。
night「せいじゅうろう」シリーズについて
・せいじゅうろうとは、菜緒(なお)が名付けたリラックマの名前。
・彼女と彼?が繰り広げる、なんとも愉快な日常。そして、いつも
 それに巻き込まれてしまう“俺”・・・。
night「ヴィジュアルホタル」について
・2014年09月からスタートさせたコーナーで、サウンドノベル 
 風に、掲載済の小説に映像や効果音などを付けています。 
 オリジナル作品をそのまま、あるいは多少アレンジを加える
 予定です。毎月1本くらいの発表が目標です。
 (現在、都合により休止中です)

2018/07/17 shinenew
 
都合により、7月18日(水)~26日(木)迄お休みさせて頂きます。
再開は7月27日(金)を予定しています。

2018/07/17 shinenew
 
いつもFC2拍手を下さる方、本当にありがとうございますhappy01
 
web拍手 by FC2 ブログランキングへ ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ

| | コメント (28) | トラックバック (0)

ホタル通信 No.367

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.372 誘った夜
実話度:★★★★★(100%)
語り手:男性

この小説は「No.371 誘われた夜」の続編です。数ある続編の中
でも際立って関係性が深い話です。

結局、あの日は何もなく、そこから1週間経過した頃、少しソワソ
ワし始めました。小説の通り、今度は僕が彼女を誘うべきかどう
か迷っていたからです。
彼女が僕からの連絡を待っている可能性はゼロではありません
が、空振りに終わるとそれはそれでショックもあります。それでも
意を決して“誘った”のが今回の小説です。

正直に言えば、低俗な期待を持っていました。ただ、本当にそう
なってしまうと、それはそれで問題でした。実話度100%ですから
書いてある通りの内容です。幸か不幸か、結果的に彼女から誘
いを断られました。
夜遅くに、恋人でもない、ましてや友達でもない、同僚程度の男
を家に招き入れた真相は、今でも謎のままです。当時の心境を
彼女に聞くことはこれから先もないと思いますので、永遠の謎と
して心の中にしまっておきます。

最後に、ラストの3行はなかなかお気に入りのフレーズです。
小説っぽいと言う意味でも、僕の落胆ぶりを上手く表現したと言
う意味でも。
T367

web拍手 by FC2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.855-1]マメな私

No.855-1

登場人物
virgo女性=牽引役  virgo女性=相手
-----------------------------
今年は例年になく、始めるのが遅かった。
なぜかしら、ベランダに足が向かなかったからだ。
recycle
「今年はなに育てるの?」

何年も続けば、逆に友人の方が気に掛けてくれる。

「今年もゴーヤだよ」
「好きだね~あんな苦いやつ」

正直に言えば、ゴーヤ自体はそんなに好きではない。
ただ、家庭菜園には適した素材だ。

「まぁ・・・ね」

極端に言えば、水さえ気を付けていれば良い。
後は、放っておいても構わない。

「それにしてもマメだよね?」
「そ、そうかな・・・」

さっきの心の声を聞かせたら驚くだろう。
別に、家庭菜園をする人がマメだとは限らない、少なくとも私は。

「違うの?」
「ほら、釣りが好きな人って・・・」

短気が多いと聞く。

「確かに、そう言われるよね」

つまり、気性はそれほど関係ない。
あったとしても、別のところで影響してるのだろう。

「早い話、マメじゃないと言いたいのね?」
「そういうこと」

随分と話が脱線してしまった。

(No.855-2へ続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.855-2]マメな私

No.855-2

「そうかしら?」

友人が話を長引かせる。

「そうよ、ゴーヤなんて・・・」
「基本、放っておいても大丈夫なんだから」

さっきの心の声を口に出した。

「マメじゃない私にピッタリよ」
「あはは!」

友人が笑い出した。
絶対、笑うところじゃないのに。

「な、なによ!?」
「だって、さぁ・・・」

まだ、笑いが止まらなさそうだ。

「さっきの釣り人と一緒ね!」
「釣り人?」

自分で例え話を出しておきながら、いまいちピンとこない。

「まぁ、深く考えないで」
「ちょっと教えなさいよ!?」

なんだか馬鹿にされているように聞こえなくもない。
とにかく答えを聞かないと気持ちが悪い。

「あら?放っておいても大丈夫だったんじゃない?」
「それはゴーヤ!」
S855
(No.855完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
 ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«[No.855-1]マメな私