お知らせ

『冬のホタル』に、ご訪問頂きありがとうございます happy02sweat01

道端の石ころも、磨けば宝石に負けないくらいの輝きを生むこと
だって・・・そんなブログです。
ご訪問の足跡として、コメントや拍手を残して頂けましたら、大変
嬉しいです。ではごゆっくりと小説をお楽しみくださいませ。

当ブログは、ブラウザIEで文字サイズ「小」で最適化しております。

night小説の楽しみ方について
・文字の色は話の牽引役が黒、その相手は茶、その他の登場
 人物が居る場合は適当に色を付けています。
・「話の牽引役」とは主人公ではなく、物語を“引っ張る人”です。
 つまり、一人称小説における語り手になります。
・登場人物は shadow=男性 virgo=女性 を表しています。
recycleマークは現時点から時間や場所の変化があったり、回想シ
 ーンに入った時、そこから戻って来た時にも挿入しています。
 尚、No.200~No.359までは、appli02マークを使用しています。
shadowvirgoappli02マークは「No.200」より対応(これ以前は未対応)
night「ホタル通信」について
・2010年01月からスタートさせたコーナーで、掲載済み小説の
 舞台裏やエピソード、作者の想いなど紹介しています。
・小説の実話度に応じて、0%~100%の表示と「★マーク」を付
 けています(★ひとつの実話度は20%)
・該当する小説の牽引役が語り手となり作者を代弁しています。
night「せいじゅうろう」シリーズについて
・せいじゅうろうとは、菜緒(なお)が名付けたリラックマの名前。
・彼女と彼?が繰り広げる、なんとも愉快な日常。そして、いつも
 それに巻き込まれてしまう“俺”・・・。
night「ヴィジュアルホタル」について
・2014年09月からスタートさせたコーナーで、サウンドノベル 
 風に、掲載済の小説に映像や効果音などを付けています。 
 オリジナル作品をそのまま、あるいは多少アレンジを加える
 予定です。毎月1本くらいの発表が目標です。
 (現在、都合により休止中です)

2018/04/17 shinenew

 本日より、掲載を再開致します。
2018/04/08
shine
  04月09日(月)~04月16日(月)迄、都合によりお休みさせて
  頂きます。再開は04月17日(火)からになります。

2018/03/21 shine
 
いつもFC2拍手を下さる方、本当にありがとうございますhappy01
 
web拍手 by FC2 ブログランキングへ ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ

| | コメント (28) | トラックバック (0)

ホタル通信 No.357

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.329 左の靴紐
実話度:★☆☆☆☆(20%)
語り手:女性

事実と言えば事実なんですが、こんなことまで小説のネタにして
いることを考えれば、我ながら苦労しているんだ・・・と思います。

靴紐が解けてしまうこと、それに対して嫌な連想をしてしまうなど
薄めの事実が散りばめられています。
この小説を読み返して気付いたのですが、あからさまに、何かを
狙っています。それはラスト見て頂けると分かると思います・・・。
靴紐を“友情や絆”に見立てて、それが解けたり結ばれたりという
方向に持って行っています。
ありがちなストリーに加えて、内容もチープなため、少し恥ずかし
くなってきます。

本来なら、単に靴紐が解けただけで終わるのでしょうが、小説にも
書いた通り、何か良くないことが起きる予兆であると、考えていたこ
ともあって、この小説が生まれました。
実際、良くないことは起きなかったのですが、もしかしたら固く結び
直した効果が出たのかもしれませんね。

結局、この小説は当時の不安感をかなり遠まわしに表現したもの
です。その不安感の象徴が、靴紐だったわけです。
T357

web拍手 by FC2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.835-1]とんでもなく良いこと

No.835-1

登場人物
virgo女性=牽引役  shadow男性=相手
-----------------------------
「ちょっと、聞いてくれる!?」

どうしても、話さずにはいられない。

「な、なんだよ」
「今朝ね・・・」

信号機がない道路を渡ろうとしていた時の話だ。

「えっ・・・事故ったの?!」
「・・・なら、ここに居る私は、幽霊とでも?」

冗談はさておき、話を進めよう。

「一台の車が向こうから来るのが見えて」

渡れなくもなかったが、安全のため立ち止まることにした。

「そしたら、その車も止まったんだよね」

全く予想していない出来事だった。

「でね、なんでかな?って思っていたら」

私の立っている場所が、横断歩道であることに気付いた。

「だから止まってくれたんだ」
「そうみたい」

今までそんな経験をしたことがないし、見掛けたことすらない。

「なかなか出来ないことよね?」
「そうだな」

彼も真剣な顔でうなづいている。

(No.835-2へ続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.835-2]とんでもなく良いこと

No.835-2

「親切心よりも、やさしさを感じたわ」
「良い一日の始まりになったな!」

そう、本来ならそうなるはずだった。

「違うの?」
「・・・うん」

車が止まってくれた後に、問題があった。

「予想外の出来事に、ビックリしちゃって」

何もなかったかのように、そそくさと横断歩道を渡ってしまった。

「つまり、お礼をしなかった・・・と」

お辞儀するわけでもなく、声を出すわけでもなく・・・。

「車が通り過ぎた時に、ハッ!と気付いて」
「それが、すっごく心残りで・・・」

一変して、どんよりとした朝になってしまった。

「でも、そんな人は、見返りなんて考えてないさ」

彼がとんでもなく良いことを言った気がする。

「だから、あまり気にすることはないと思うな」

確かにそうかもしれない・・・彼の一言に救われた気分だ。

「そうね!私もそんな人になりたいわ」
「期待しているぞ!」

何故だか、ニヤリとした表情を浮かべた。

「ところで、もうすぐホワイトデーだよね?」
S835
(No.835完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
 ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«[No.835-1]とんでもなく良いこと