お知らせ

『冬のホタル』に、ご訪問頂きありがとうございます happy02sweat01

道端の石ころも、磨けば宝石に負けないくらいの輝きを生むこと
だって・・・そんなブログです。
ご訪問の足跡として、コメントや拍手を残して頂けましたら、大変
嬉しいです。ではごゆっくりと小説をお楽しみくださいませ。

当ブログは、ブラウザIEで文字サイズ「小」で最適化しております。

night小説の楽しみ方について
・文字の色は話の牽引役が黒、その相手は茶、その他の登場
 人物が居る場合は適当に色を付けています。
・「話の牽引役」とは主人公ではなく、物語を“引っ張る人”です。
 つまり、一人称小説における語り手になります。
・登場人物は shadow=男性 virgo=女性 を表しています。
recycleマークは現時点から時間や場所の変化があったり、回想シ
 ーンに入った時、そこから戻って来た時にも挿入しています。
 尚、No.200~No.359までは、appli02マークを使用しています。
shadowvirgoappli02マークは「No.200」より対応(これ以前は未対応)
night「ホタル通信」について
・2010年01月からスタートさせたコーナーで、掲載済み小説の
 舞台裏やエピソード、作者の想いなど紹介しています。
・小説の実話度に応じて、0%~100%の表示と「★マーク」を付
 けています(★ひとつの実話度は20%)
・該当する小説の牽引役が語り手となり作者を代弁しています。
night「せいじゅうろう」シリーズについて
・せいじゅうろうとは、菜緒(なお)が名付けたリラックマの名前。
・彼女と彼?が繰り広げる、なんとも愉快な日常。そして、いつも
 それに巻き込まれてしまう“俺”・・・。
night「ヴィジュアルホタル」について
・2014年09月からスタートさせたコーナーで、サウンドノベル 
 風に、掲載済の小説に映像や効果音などを付けています。 
 オリジナル作品をそのまま、あるいは多少アレンジを加える
 予定です。毎月1本くらいの発表が目標です。
 (現在、都合により休止中です)

2017/11/21 shinenew
 
本日より、掲載を再開します。
2017/11/21 shinenew
 
いつもFC2拍手を下さる方、本当にありがとうございますhappy01
2017/11/14
 
11月14日(火)~11月20日(月)迄、都合によりお休みさせて
  頂きます。再開は11月21日(火)からになります。

 
web拍手 by FC2 ブログランキングへ ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ

| | コメント (28) | トラックバック (0)

[No.808-1]黄色いじゅうたん

No.808-1

登場人物
shadow男性=牽引役  virgo女性=相手
-----------------------------
イチョウ並木を歩く。
今しかできない贅沢な時間だ。

「まさしく黄色いじゅうたんだな」

圧巻の光景とはこのことだろう。

「・・・えっ!?なにか言った?」

僕より少し前を歩く彼女が振り返った。

「いや、だから黄・・・」

言いかけて止めた。
場の雰囲気がそうさせたのかもしれない。

「それにしても、サクサク音がするね」
「・・・音?」

そう言うと、その場で大袈裟に足踏みをして見せた。

「ほら!」
「あぁ、そういうことね」

色に圧倒されて、心地よい音まで気付けなかった。
確かに、サクサクと音がする。

「ずっと・・・向こうまで続いてるね」
「・・・そうだな」

まるで有名な絵画にでも出てきそうな風景だ。
その中に僕たちが居る。

(No.808-2へ続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.808-2]黄色いじゅうたん

No.808-2

「ちょっと、向こうまで走ってくるから!」

そう言うと、小走りで駆けだした。

「転ぶなよ!」

少し大きめの声で叫んだ。
彼女が振り向きざまに、大きく手を振ってきた。

「・・と・・」
「・・・えっ!?なに?」

立ち止まった彼女が何か叫んでいる。
ただ、遠くてうまく聞き取れない。

「・・・が・・とぅ」
「ぁり・・・・・ぅ」

何らかの言葉が断片的に聞こえてくるだけだ。

「だからぁ、なぁにぃ!!!」

思い切り叫んだ。

「・・・・」

でも、彼女の声は、もう僕には届かなかった。

「今までありがとう・・・」

黄色いじゅうたんは、ずっと向こうまで続いている。
彼女の姿は、もうそこにはなかった。
S808
(No.808完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
 ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホタル通信 No.344

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.256 どじょうがこいに
実話度:★☆☆☆☆(20%)
語り手:女性

この作品は、オチありきで作ったものです。どじょうが・・・の一連
のフレーズから、先にオチが生まれました。

このフレーズを、どこの誰が言い出したのかは分かりませんが、
時々、耳にします。くやしいほど、よく考えられたフレーズだと思
っています。
実は、小説のきっかけはこのフレーズではなく、“愛おしい”とい
う感情を小説にしたいと思ったからです。恋でも愛でもない、まし
てや同情でもない・・・そんな不思議な感情をテーマにしました。
そんな時、例のフレーズを思い出し、それならば全て魚でなんと
かならないか、と考えました。
“愛おしい”が、幻の魚と言われている“イトウ”で置き換えられた
のは、単なる偶然でラッキーでした。

全体的には、自分で言うのも何ですが、パッとしませんね。オチ
だけはそこそこ仕上がっている関係で、そこに行きつくまで展開
がプアです。
言い訳がましいですが、事前の構想もなく、約1時間の中で仕上
げている関係で、ほぼ思い付いたまま書き上げています。
日常の会話に、小説のような起承転結があるわけでもなく、そん
なアバウトさも感じて頂ければと思います。
T344

web拍手 by FC2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«[No.808-2]黄色いじゅうたん