お知らせ

『冬のホタル』に、ご訪問頂きありがとうございます happy02sweat01

道端の石ころも、磨けば宝石に負けないくらいの輝きを生むこと
だって・・・そんなブログです。
ご訪問の足跡として、コメントや拍手を残して頂けましたら、大変
嬉しいです。ではごゆっくりと小説をお楽しみくださいませ。

当ブログは、ブラウザIEで文字サイズ「小」で最適化しております。

night小説の楽しみ方について
・文字の色は話の牽引役が黒、その相手は茶、その他の登場
 人物が居る場合は適当に色を付けています。
・「話の牽引役」とは主人公ではなく、物語を“引っ張る人”です。
 つまり、一人称小説における語り手になります。
・登場人物は shadow=男性 virgo=女性 を表しています。
recycleマークは現時点から時間や場所の変化があったり、回想シ
 ーンに入った時、そこから戻って来た時にも挿入しています。
 尚、No.200~No.359までは、appli02マークを使用しています。
shadowvirgoappli02マークは「No.200」より対応(これ以前は未対応)
night「ホタル通信」について
・2010年01月からスタートさせたコーナーで、掲載済み小説の
 舞台裏やエピソード、作者の想いなど紹介しています。
・小説の実話度に応じて、0%~100%の表示と「★マーク」を付
 けています(★ひとつの実話度は20%)
・該当する小説の牽引役が語り手となり作者を代弁しています。
night「せいじゅうろう」シリーズについて
・せいじゅうろうとは、菜緒(なお)が名付けたリラックマの名前。
・彼女と彼?が繰り広げる、なんとも愉快な日常。そして、いつも
 それに巻き込まれてしまう“俺”・・・。
night「ヴィジュアルホタル」について
・2014年09月からスタートさせたコーナーで、サウンドノベル 
 風に、掲載済の小説に映像や効果音などを付けています。 
 オリジナル作品をそのまま、あるいは多少アレンジを加える
 予定です。毎月1本くらいの発表が目標です。
 (現在、都合により休止中です)

2017/09/13 newshine
 本日より、掲載を再開します。
2017/09/03 shine
 
09月04日(月)~09月11日(月)迄、都合によりお休みさせて
  頂きます。再開は09月12日(火)からになります。

2017/09/03 shine
 
いつもFC2拍手を下さる方、本当にありがとうございますhappy01
 
web拍手 by FC2 ブログランキングへ ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ

| | コメント (28) | トラックバック (0)

ホタル通信 No.333

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.358 桜
実話度:☆☆☆☆☆(00%)
語り手:男性

多少、実話の部分もありますが、ほぼ創作です。話の展開とし
てはありがちかもしれません。

読み手に情報が誤って伝わるよう物語を展開させて行く手法は
よくやっています。今回のように桜の話をしていると見せかけて、
実は自分のことを話していた・・・という具合に。

超短編小説なので、必然的に展開に関係ない情報は極力描か
ないようにしているので“いつ、どこで”というような時間や場所に
関する描写は省略されることがほとんどです。
そのために、逆にその物足らなさを利用して、勘違いさせた上で
物語を展開させることが多いように自分自身を分析します。

私が俗に言う“商業的な小説”です。
簡単に言えば、遠距離恋愛がこれから始まろうとしているまさに
その瞬間を描いたものです。そこに、女性の強さを加えました。
その強さを暴風雨にさらされても、散ったり折れたりしなかった桜
に例えました。
さすがに暴風雨の中で花が散らないわけはないので、大袈裟な
表現も含まれていますが、そう思わせるように書いたつもりです。
T333

web拍手 by FC2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.788-1]こころのゴミ

No.788-1

登場人物
virgo女性=牽引役  shadow男性=相手
-----------------------------
それを見るとムズムズしてくる。

(とは言うものの・・・)

陸上とは違い、そう簡単には行動に移せない。
recycle
「・・・ゴミ?」

この手の話には多少、理解を示してくれる。

「そう、結構あるんだよね」

一見、綺麗に見えても結構ゴミが落ちている。

「ほら、見てよ」

なんらかのビンや缶が沈んでいるのが見える。

「よく気付くよな?」

確かによく見なければ気付かないレベルだろう。
ビンも缶も、周りと“同化”しているからだ。

「その気になればアチコチにあるわよ」

結構、色んなものが沈んでいる。
もはや、それが何であったのか判別つかない物を含めて。

「・・・そうみたいだな」

環境問題に対して“意識高い系”と言うわけではない。
単に、ゴミが気になるだけだ。

(No.788-2へ続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.788-2]こころのゴミ

No.788-2

「けど・・・ね」

場所が場所だけに、そう簡単には行動に移せない。

「・・・だな」
「最近は“急変”することもあるし」

天候次第で、急に濁流が押し寄せてくることもある。
小川と言えども注意が必要だ。

「それに、それなりの準備も必要だし」

陸上でゴミ拾いするのとはわけが違う。
それに人目もある。

「そこまでして、したくもないけど・・・」

ただ、この道を通るたびに、気になってしょうがない。

「案外、それが小魚とかの隠れ家になってるかもよ?」

確かにそうかもしれない。
素直に喜べないものの、その可能性は十分にある。

「そうね・・・そんな気がしてきた」

幸いにも、それ以外は綺麗な小川だ。
私が、いらぬ荒さがしをしているみたいだった。

「まるで僕と君を表しているような話だね」
「えっ・・・どういうこと!?」
S788
(No.788完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
 ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«[No.788-1]こころのゴミ