お知らせ

『冬のホタル』に、ご訪問頂きありがとうございます happy02sweat01

道端の石ころも、磨けば宝石に負けないくらいの輝きを生むこと
だって・・・そんなブログです。
ご訪問の足跡として、コメントや拍手を残して頂けましたら、大変
嬉しいです。ではごゆっくりと小説をお楽しみくださいませ。

当ブログは、ブラウザIEで文字サイズ「小」で最適化しております。

night小説の楽しみ方について
・文字の色は話の牽引役が黒、その相手は茶、その他の登場
 人物が居る場合は適当に色を付けています。
・「話の牽引役」とは主人公ではなく、物語を“引っ張る人”です。
 つまり、一人称小説における語り手になります。
・登場人物は shadow=男性 virgo=女性 を表しています。
recycleマークは現時点から時間や場所の変化があったり、回想シ
 ーンに入った時、そこから戻って来た時にも挿入しています。
 尚、No.200~No.359までは、appli02マークを使用しています。
shadowvirgoappli02マークは「No.200」より対応(これ以前は未対応)
night「ホタル通信」について
・2010年01月からスタートさせたコーナーで、掲載済み小説の
 舞台裏やエピソード、作者の想いなど紹介しています。
・小説の実話度に応じて、0%~100%の表示と「★マーク」を付
 けています(★ひとつの実話度は20%)
・該当する小説の牽引役が語り手となり作者を代弁しています。
night「せいじゅうろう」シリーズについて
・せいじゅうろうとは、菜緒(なお)が名付けたリラックマの名前。
・彼女と彼?が繰り広げる、なんとも愉快な日常。そして、いつも
 それに巻き込まれてしまう“俺”・・・。
night「ヴィジュアルホタル」について
・2014年09月からスタートさせたコーナーで、サウンドノベル 
 風に、掲載済の小説に映像や効果音などを付けています。 
 オリジナル作品をそのまま、あるいは多少アレンジを加える
 予定です。毎月1本くらいの発表が目標です。
 (現在、都合により休止中です)

・2018/01/16 shinenew
  ご迷惑をお掛けしました。本日より再開します。
・2018/01/14 shine
 メインパソコンが故障して復旧作業中です。サブパソコンで
 応急対応しますが、数日お待ち下さいcrying
・2018/01/11 shine

  本日より掲載を再開します。今年もよろしくお願いします。
2017/12/24 shine
 
いつもFC2拍手を下さる方、本当にありがとうございますhappy01
  少し早いですが、来年もよろしくお願いします。

2017/12/24 shine
 
12月29日(金)~01月10日(水)迄、年末年始につきお休み
させて頂きます。再開は01月11日(木)からになります。

 
web拍手 by FC2 ブログランキングへ ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ

| | コメント (28) | トラックバック (0)

[No.813-1]僕の順番

No.813-1

登場人物
shadow男性=牽引役  virgo女性=相手
-----------------------------
『あけましておめでとうございます』

目覚めると、LINEが届いていた。

「相変わらずだなぁ・・・」

初笑いならぬ、初苦笑いだった。
文字ではなく、いつもの通りスタンプでそれが届いたからだ。

『すてきな1年になりますように』

新年のあいさつに、もうひとつスタンプが添えられていた。
ふたつとも、彼女が好きなスヌーピーのスタンプだ。

「・・・」
「素直に嬉しいな」

普通に考えれば、単なる社交辞令に過ぎない。
今朝は、こんなあいさつが飛び交っているだろうから。

「こんな時こそスタンプなんだろうけど・・・」

華やかな年明けこそ、文字よりもスタンプだ。
イラストが華やかさを演出するからだ。

「でも・・・なぁ・・・」

スタンプだと微妙なニュアンスが伝わってこない。
そこに何かが隠されていたとしても。

「考え過ぎかな?」
「いや・・・どうだろう?」

彼女とはそんな不思議な関係だ。

(No.813-2へ続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.813-2]僕の順番

No.813-2

問題はこれに対して、どう返信するかだ。

「・・・余計なことは考えずに」

新年に相応しい無難なスタンプを返した。

「・・・ん?」

数分後、スタンプが送られてきた。

『いいことがいっぱいありますように』

この後も、スタンプのやりとりがしばらく続いた。

(・・・まてよ)

ふとあることが気になった。
それは最初のスタンプが送られてきた時間だ。

「9時42分か・・・」

僕を気遣って、遅めに送ってくれたのかもしれない。
なにせ、元旦の朝だ。

「いや・・・」

彼女が新年の挨拶を送ったのは、僕だけじゃないだろう。
他にも居るはずだ。

「僕は後の方?」

その可能性はある。
送られてきた時間が、中途半端に見えなくもないからだ。

「う~ん・・・何だよ、新年早々!」

彼女とはそんな不思議な関係だ。
S813
(No.813完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
 ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.814-1]さりげない会話

No.814-1

登場人物
virgo女性=牽引役  virgo女性=相手
-----------------------------
「こっち、こっちぃ~!」
「ひっさしぶぅりぃ~!」

私の顔を見るなり、友人が大声と共に手を振り始めた。

(声が大きいよ・・・)

恥ずかしさもあり、急いで友人のもとに向かった。

「そんなに大声を出さなくても・・・」
「そう?聞こえないと思って」

確かに改札前は、雑踏の真っただ中だ。
やや大きな声で話して、丁度良いくらいだ。

「それに久しぶりって・・・夏にも会ったじゃない?」
「だから、久しぶりじゃない?」

こんな所で“親睦”を深めても仕方がない。

「・・・とにかく暖かい所へ行かない?」
「それもそうね」

予報通り、今日は一段と冷え込んでいる。

「じゃあ、いつもの店に」
「了解!」

足早に、駅を後にした。

(No.814-2へ続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«[No.813-2]僕の順番