お知らせ

『冬のホタル』に、ご訪問頂きありがとうございます happy02sweat01

道端の石ころも、磨けば宝石に負けないくらいの輝きを生むこと
だって・・・そんなブログです。
ご訪問の足跡として、コメントや拍手を残して頂けましたら、大変
嬉しいです。ではごゆっくりと小説をお楽しみくださいませ。

当ブログは、ブラウザIEで文字サイズ「小」で最適化しております。

night小説の楽しみ方について
・文字の色は話の牽引役が黒、その相手は茶、その他の登場
 人物が居る場合は適当に色を付けています。
・「話の牽引役」とは主人公ではなく、物語を“引っ張る人”です。
 つまり、一人称小説における語り手になります。
・登場人物は shadow=男性 virgo=女性 を表しています。
recycleマークは現時点から時間や場所の変化があったり、回想シ
 ーンに入った時、そこから戻って来た時にも挿入しています。
 尚、No.200~No.359までは、appli02マークを使用しています。
shadowvirgoappli02マークは「No.200」より対応(これ以前は未対応)
night「ホタル通信」について
・2010年01月からスタートさせたコーナーで、掲載済み小説の
 舞台裏やエピソード、作者の想いなど紹介しています。
・小説の実話度に応じて、0%~100%の表示と「★マーク」を付
 けています(★ひとつの実話度は20%)
・該当する小説の牽引役が語り手となり作者を代弁しています。
night「せいじゅうろう」シリーズについて
・せいじゅうろうとは、菜緒(なお)が名付けたリラックマの名前。
・彼女と彼?が繰り広げる、なんとも愉快な日常。そして、いつも
 それに巻き込まれてしまう“俺”・・・。
night「ヴィジュアルホタル」について
・2014年09月からスタートさせたコーナーで、サウンドノベル 
 風に、掲載済の小説に映像や効果音などを付けています。 
 オリジナル作品をそのまま、あるいは多少アレンジを加える
 予定です。毎月1本くらいの発表が目標です。
 (現在、都合により休止中です)

・2018/08/16 newshine
 
本日より再開します。
2018/08/09 shine
 
都合により、8月11日(土)~15日(水)迄お休みさせて頂きます。
 再開は8月16日(木)を予定しています。

2018/08/09 shine
 
いつもFC2拍手を下さる方、本当にありがとうございますhappy01
 
web拍手 by FC2 ブログランキングへ ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ

| | コメント (28) | トラックバック (0)

[No.869-2]敏感なのか鈍感なのか

No.869-2

「あの時計は・・・だし、微かな香水も好印象ね!」

偶然近くにいたのか、近づいたのかはあえて聞かない。

「でも、悩み事でもあるのかな~?」
「どうしてですか?」

先輩曰く、時より、険しい表情を浮かべていたらしい。

「よく気付きますよね!?」
「でも、目は燃えてたわよ!」

どうやら、相当近い距離に居たようだ。

「そ、そこまで・・・」
「何か大きな仕事を任されてるんだわ!」

普通の人なら、単なる妄想で終わる。
でも、先輩の場合、あながちそうとも言えない。

「カバンからすると営業ね」
「良い感じに使い込まれてるから」

観察力と言うか、何かを敏感に感じ取る能力は高い。
逆にこれがなければ、単に面倒な先輩で終わる。

「彼女は・・・多分いないね」
「それまで分かるんですか!?」

何度も言うが、何かに“気付く”ことに長けている。

「明日もイケメンを見つけるぞ!」

ただ、そのわりには、ウンザリしている私には気付いてくれない。
S869
(No.869完)
読み
終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
 ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.870-1]宇宙人の話

No.870-1

登場人物
virgo女性=牽引役  shadow男性=相手
-----------------------------
彼が大きくうなづき始めた。

「・・・だよな、確かに」
「テレビでなにか言ってたの?」

さっきからテレビに釘付けになっている。
逆に私は全く興味がない。

「ほら、宇宙人ってさ・・・」

どうして男子は、宇宙人とかが好きなんだろう。

「・・・でね・・・の場合・・・」

話が理解できないわけじゃない。
でも、話半分どころか、ほとんど入ってこない。

「宇宙人のイメージってさ、“タコ”だよね」
「・・・たこ?」

何のことだが、ピンと来ない。

「・・・ごめん、ごめん、ほら、宇宙人と言えば」

タコのように足が何本も生えているイメージと言う。
確かに・・・言われてみれば何となく記憶に残っている。

「ほら、僕らが幼稚園に通ってた時・・・」
「・・・あぁ!あれね」

何かの時間に、先生が宇宙人の恰好をした。
その姿が、タコのようだったことを思い出した。

「色は・・・緑だったかな?」

地球を侵略に来た、悪い宇宙人の設定だっだと思う。

(No.870-2へ続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.870-2]宇宙人の話

No.870-2

「結構、覚えてるじゃん!」

その宇宙人から地球を守るのが私達の役目だった。

「そうそう!それに悪い宇宙人と言えば・・・」
「火星人?」

彼が驚いた顔をしている。

「良く知ってるね!?」
「逆に金星人なんかは良い宇宙人」

設定が、火星人だったのを覚えていたからだ。
それに当時の子供向けの科学雑誌もそんな感じだった。
侵略してくるのは、もっぱら火星人だった。

「あくまでもイメージだけどね」

ただ、このイメージが今でも根付いているのかもしれない。

「火星人にしてみれば、迷惑な話ね!」
「・・・だよな!」

もし、本当に居たら・・・の場合だが。

「ねぇ、もし、本当に宇宙人が侵略してきたら」
「あの時のように、私を守ってくれる?」

怯える私を、宇宙人から守ってくれた。

「・・・まぁ、もし、そうなったら・・・な」
「うん・・・」

宇宙人の話も、たまには悪くない。
S870
(No.870完)
読み
終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
 ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«[No.870-1]宇宙人の話