お知らせ

『冬のホタル』に、ご訪問頂きありがとうございます happy02sweat01

道端の石ころも、磨けば宝石に負けないくらいの輝きを生むこと
だって・・・そんなブログです。
ご訪問の足跡として、コメントや拍手を残して頂けましたら、大変
嬉しいです。ではごゆっくりと小説をお楽しみくださいませ。

当ブログは、ブラウザIEで文字サイズ「小」で最適化しております。

night小説の楽しみ方について
・文字の色は話の牽引役が黒、その相手は茶、その他の登場
 人物が居る場合は適当に色を付けています。
・「話の牽引役」とは主人公ではなく、物語を“引っ張る人”です。
 つまり、一人称小説における語り手になります。
・登場人物は shadow=男性 virgo=女性 を表しています。
recycleマークは現時点から時間や場所の変化があったり、回想シ
 ーンに入った時、そこから戻って来た時にも挿入しています。
 尚、No.200~No.359までは、appli02マークを使用しています。
shadowvirgoappli02マークは「No.200」より対応(これ以前は未対応)
night「ホタル通信」について
・2010年01月からスタートさせたコーナーで、掲載済み小説の
 舞台裏やエピソード、作者の想いなど紹介しています。
・小説の実話度に応じて、0%~100%の表示と「★マーク」を付
 けています(★ひとつの実話度は20%)
・該当する小説の牽引役が語り手となり作者を代弁しています。
night「せいじゅうろう」シリーズについて
・せいじゅうろうとは、菜緒(なお)が名付けたリラックマの名前。
・彼女と彼?が繰り広げる、なんとも愉快な日常。そして、いつも
 それに巻き込まれてしまう“俺”・・・。
night「ヴィジュアルホタル」について
・2014年09月からスタートさせたコーナーで、サウンドノベル 
 風に、掲載済の小説に映像や効果音などを付けています。 
 オリジナル作品をそのまま、あるいは多少アレンジを加える
 予定です。毎月1本くらいの発表が目標です。
 (現在、都合により休止中です)

2017/09/13 newshine
 本日より、掲載を再開します。
2017/09/03 shine
 
09月04日(月)~09月11日(月)迄、都合によりお休みさせて
  頂きます。再開は09月12日(火)からになります。

2017/09/03 shine
 
いつもFC2拍手を下さる方、本当にありがとうございますhappy01
 
web拍手 by FC2 ブログランキングへ ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ

| | コメント (28) | トラックバック (0)

[No.793-2]一本の糸

No.793-2

「多分、手紙だったと思う」
「・・・手紙?」

とは言え、本格的な手紙ではない。

「ほら、友達同士で回すアレよ」
「・・・あぁ、アレね!」

でも、ひとつ疑問が残る。
手紙だとしても、彼にどうやって渡していたのだろう。
郵送していないことは確かだ。

「私、ちょっと思い出したんだけど・・・」

友人が何やら話しはじめた。

「最初の1通は、何らかの方法で渡して」
「その後の約束は手紙に書いてあったと思う・・・」

私も思い出してきた。

「そう言えば、そうやって会う日を決めたかもしれない」

曜日や時間、場所さえも・・・。

「私もそうかもしれない」
「その時に、また手紙を渡して・・・」

そして、次の約束を確認する。
私達にとって手紙は、いつ切れるとも限らない一本の糸だった。
S793
(No.793完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
 ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホタル通信 No.336

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.278 群れの外
実話度:★★☆☆☆(40%)
語り手:女性

初期の作風が色濃く出ている作品です。ある意味、読み手のこと
は全く考えていません。

先に事実となる部分を書いておきます。まず、鳩が一羽だけウロ
ウロしていることがあること、そいて、小説上の私(女性)が、その
昔、群れの外に居たことです。
時々「なんでこんな所に居るの?」と思ってしまうほど、場違いな
所で鳩を見かけることがあります。
多くの人は、それを見て心情的に何も感じないと思いますが、私
は違っていました。私にとっては、高校の時に周囲から浮いた存
在であったことを思い出させる象徴でした。

今で言う“イジメ”があったわけではなく、周りと馴染めず、ひとり
群れの外・・・といった感じでした。周りもそれを察してか、良くも悪
くも一定の距離がありました。
色々と事情があって、どうしても学校生活を楽しむことができませ
んでした。普段、鳩は群れているイメージが強いために、一羽だけ
ウロウロしている姿を見掛けると、どうしても自分と重ね合わせてし
まいます。

最後になりますが、この記事を書いている人を作者だとすれば、作
者と小説上の“私”は別人です。つまり、この小説は作者自身では
なく、他人の話を描いたものです。
当ブログによくお越し下さる方々なら、誰のことを描いた小説かすぐ
分かると思います。
T336

web拍手 by FC2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.794-1]あなた達の関係は?

No.794-1

登場人物
virgo女性=牽引役  virgo女性=相手
-----------------------------
言葉の使い方は間違っているが、世は“不倫”ブームだ。

「あなたはどうなの?」
「・・・な、わけないじゃん!」

ただ、未遂ならある。
こればかりは、友人にも話していない。

「でも、急になによ?」
「好きになった人が既婚者とか?」

“相談に乗るよ!”と言う顔がうそ臭い。
とにかく、早めに話を軌道に乗せた方が良いだろう。

「私のことじゃなくて・・・」
「それなら誰?」

誰でもない。
ただ、生き物である点だけは合っている。

「猫よ・・・ね、こ!」
「そんな人、居たっけ?」

話題の振り方がマズかったのかもしれない。
“不倫”という言葉を出してしまったからだ。

「・・・だから、ねこ!ニャーニャーの!」
「そんなに必死にならなくても、分かってるわよ」

どうやら、からかわれたらしい。

(No.794-2へ続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«ホタル通信 No.336