お知らせ

『冬のホタル』に、ご訪問頂きありがとうございます happy02sweat01

道端の石ころも、磨けば宝石に負けないくらいの輝きを生むこと
だって・・・そんなブログです。
ご訪問の足跡として、コメントや拍手を残して頂けましたら、大変
嬉しいです。ではごゆっくりと小説をお楽しみくださいませ。

当ブログは、ブラウザIEで文字サイズ「小」で最適化しております。

night小説の楽しみ方について
・文字の色は話の牽引役が黒、その相手は茶、その他の登場
 人物が居る場合は適当に色を付けています。
・「話の牽引役」とは主人公ではなく、物語を“引っ張る人”です。
 つまり、一人称小説における語り手になります。
・登場人物は shadow=男性 virgo=女性 を表しています。
recycleマークは現時点から時間や場所の変化があったり、回想シ
 ーンに入った時、そこから戻って来た時にも挿入しています。
 尚、No.200~No.359までは、appli02マークを使用しています。
shadowvirgoappli02マークは「No.200」より対応(これ以前は未対応)
night「ホタル通信」について
・2010年01月からスタートさせたコーナーで、掲載済み小説の
 舞台裏やエピソード、作者の想いなど紹介しています。
・小説の実話度に応じて、0%~100%の表示と「★マーク」を付
 けています(★ひとつの実話度は20%)
・該当する小説の牽引役が語り手となり作者を代弁しています。
night「せいじゅうろう」シリーズについて
・せいじゅうろうとは、菜緒(なお)が名付けたリラックマの名前。
・彼女と彼?が繰り広げる、なんとも愉快な日常。そして、いつも
 それに巻き込まれてしまう“俺”・・・。
night「ヴィジュアルホタル」について
・2014年09月からスタートさせたコーナーで、サウンドノベル 
 風に、掲載済の小説に映像や効果音などを付けています。 
 オリジナル作品をそのまま、あるいは多少アレンジを加える
 予定です。毎月1本くらいの発表が目標です。
 (現在、都合により休止中です)

2018/12/13  newshine
 合により、2月14日(木)~2月27日(水)迄、お休みさせて
頂きます。再開は2月28日(木)を予定しています。
尚、上記の期間中でも2月22日(金)のみ、投稿を予定して
います。
 

2019/02/14  newshine
 
いつもFC2拍手を下さる方、本当にありがとうございますhappy01
 
web拍手 by FC2 ブログランキングへ ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ

| | コメント (28) | トラックバック (0)

[No.898-1]見送る背中

No.898-1

登場人物
shadow男性=牽引役  virgo女性=相手
-----------------------------
「いい光景ね」
「・・・そうだな」

とある母親が玄関先で、遠くを見つめている。
その視線の先は、多分、歩いている女の子だろう。

「中学生かしら?」
「そんな感じだね」

女の子は振り向きもせず、前を向いて歩いている。
母親のことは気付いているのだろうか・・・。

「難しい年頃だからね」
「逆に“ウザイ”って感じてるかも」

何となく自分の経験を重ねているように聞こえる。

「君もそうだった?」
「・・・どうだろうね」

女の子が曲がり角を曲がる。
それを見届けてから、母親は家に入っていった。

「いいお母さんね」

いつかその女の子も気付くだろう・・・。
そう言いたげな表情が印象的だ。

「あぁ・・・」

見守られているとは、まさにこんなことを言うのだろう。

「ふぅ~」

なぜだか、一度深呼吸したくなった。
今朝はやけに冷え込む・・・吐く息がいつにも増して白い。

(No.898-2へ続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.898-2]見送る背中

No.898-2

「じゃぁ、俺も行くわ」

仕事の都合で今日から遠距離恋愛が始まる。

「見送りはいいから」
「・・・うん、分かった」

どこで見送られようが、場所は関係ない。
一秒でも一緒に・・・という時期は良い意味で過ぎている。

「向こうに着いたら連絡するよ」
「気をつけてね」

シチュエーションは違うが見送られるとはこういうことだ。
さっきの母親と同じように彼女もきっと・・・。

(もう少し歩いてから振り向いてみるか・・)

期待を膨らませて、さりげなく振り返る。

「・・・え・・・えぇ~!!」

そこに彼女の姿はなかった。
悲しいけど現実はこうなのかもしれない。

「いってらっしゃいぃ!!」

どこからともなく彼女の声が聞こえてきた。

「ここよ、ここ!」

マンションの廊下から彼女が手を振っている。

「ここからなら、遠くまで見送れるでしょ!」
S898
(No.898完)
読み
終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
 ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホタル通信 No.389

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.404 暗証番号
実話度:★☆☆☆☆(20%)
語り手:女性

パスワードがあるラジオ番組の私書箱の数字だった・・・という
のは事実です。

その番組によく投稿していたこともあって、今でも忘れることが
できない数字です。比較的、覚えやすい数字の並びであった
ことも関係していると思います。
話のきっかけは覚えていませんが、多分、パスワードの多さに
閉口していた自分の気持ちを表現したかったように思えます。
パスワードの話が私書箱に繋がって行くのは、自分の中では
自然な流れだったように思えます。

実話度はそれほど高くありません。後半は100%創作です。
いつもの通り、登場人物が物語りを展開させていると、自然と
元カレの話へと移行して行きました。元カレの話は、コミカル調
に進ませました。
オチは何も考えてはいませんでしたが、そこそこ気に入ってい
ます。最後の一行でグッと話が引き締まっています、自分で言
うのもなんですが。

実はその数字、今でも使っています・・・というより、変えていな
いと言ったほうが正解ですね。
T389

web拍手 by FC2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«[No.898-2]見送る背中